徒然なるままのブログ。日記とも言う。

2020年12月26日土曜日

やっちまった

 

これ、リアトーインの調整はかなりシビア。0.1mm単位でターンバックルをいじらないとリアトーインはかなり変化してしまう。例えばボールエンド間2mmと2.1mmではっきりと違いが挙動に出る。

考えようによってはサスアーム下側のスペーサー量で調整したほうが良いかもしれないがそうするとキャンバーも変わるのが更に厄介さを上げる。

そんなこんなでいじりながらやっていたら

リアをヒット、最悪なことにこの穴に入れるキングピンいう名のフランジパイプを紛失する。
これ、ツーリングカーのキングピンに使っているもので長さはともかく代用できると思っていたら

外径が薄いのな。代用できない。またなんて厄介なパーツを。
メーカー欠品らしいねこれ。
しょうがない、3Dプリンタで作ってみよう。

2020年12月19日土曜日

まあそうなんだろうけど

 

前後にダブルカルダンプロペラシャフトを導入。音が小さくなってこころなしかストレートの伸びが良くなった感がある。

  フォーミュラーEボディを使っているのが悪いと分かっているが、どうにもリアの落ち着きがなさすぎる。

そこで


 手持ちのターンバックルをつかってリアのトーインを設定しているリンクを作成してリアトーインをもっと付けてみる。写真は撮影の為に極端にトーインにしてみたが、これ、効果は絶大でリアが破綻しない車に劇的変化する。フォーミュラーEボディでも普通にドライブ可能。但しストレートスピードが落ちる。

Aさんのギア比6.8のTT-02と7.0のこの車でストレートスピードが変わらないってのはこの車のリアトーインが影響している可能性がある。ディフォルトがかなりリアトーインが少ない様に見えるんだが何度なのか?

次回からこのリアトーインの微調整だな。落ち着きを持って、ストレートスピードをスポイルしないラインを探ろう。

2020年12月12日土曜日

メーカーはどうやってアッカーマンをきめているのか?

 相変わらず自作ナックルをテスト。

Ver3。


穴を2つ開けられるようにした。これ、内側の穴だと
こんな感じ。
外側の穴だと


こんな感じでパラレルに近くなる。
パラレル状態だとステアリング時の失速感がすごい。がコーナリング自体は安定している感じ。コーナーで内側をキープしやすい。
内側の穴だと失速感が少ないがその分スロットルコントロールで内側をキープする必要がある。が、タイムだけで見るとこっちの方が速い。

なかなか難しいもんだ。メーカーはどうやってアッカーマンを決定しているのか気になるところだ。








2020年11月21日土曜日

やはりこのスプリングか

 今回タミヤの大径スプリングを使っていたのだがどうにもしっくりこない。そこで自分の中の基準のHPIシルバーことSMJのシルバースプリングに交換してみる。

不思議な物で挙動が大分落ち着く。

まだリアグリップが足らない感があるものの随分ましになる。ほんとに不思議よねこのスプリングは。


自作ナックル

 ナックルはZENの物を愛用していたのだが、先週su車と比較した場合、切れ角が少なかったのがきになる。何となく曲がりあ足りなかったのはこれのせいかなと。

というわけで3Dプリンタでナックル部分の樹脂パーツを自作する。


角度と長さを変えてこれまでより切れるようにする。

切れるようになってるのがわかるだろうか?
とりあえず走らせてみたところやはり良く曲がるようになった。ただし実際に組み込んだときに気づいたのだがピロボール取り付け部分の外側との壁が薄すぎたため、縁石に乗ったときに
ポッキリ折れる。
方向性は正しい?ことがわかったのでデータを修正して再作成しよう。あっカーマン調整用にいくつか穴もほしいし。

納得できたらそのうちデータを公開予定。








2020年11月7日土曜日

ダンパーの硬さ

 TC-01 2回目


今日はダンパーの堅さによる動きの違いを見る。
3時間制限はこういうのがきつい。制限前なら初日に出来たのに。
車によってリアを硬くするとグリップが上がるのか柔らかくすると上がるのか違う感じがするので毎回これは確認している。

問題はこのTC-01、なんか硬さの変化が感じられないような。。。。
今回は田宮の大径スプリングを使ってるがこれのソフトハードの違いが微妙なのかどうも変化が感じられなかった。
次回はHPIシルバー系のスプリングを用意して試してみるかねえ。


2020年10月31日土曜日

シェイクダウン

半年ぶりぐらいだろうか?久しぶりに屋上に出動してシェイクダウン

 
ワンウェイを使うつもりだったが、走らせてすぐ「評価ができない」という事に気づき、ダイレクト仕様に戻す。
とりあえずこのボディ、わかってはいたが重い。そして空力的にもさほどメリットはない。というか後ろのウイングはなんの効果もないと思う。

そうだよなあ、そういえば実写のFormula-eはグラウンドエフェクトでグリップ稼いでるんだよなあ。

なんというか、ウイングレスでツーリングカーを走らせている感じで非常に心もとない感じだった。

これはサスのほうでリアのグリップを稼ぐ感じにしないとだめだなというのがまずは初日の感想。

見てもらえればわかるがサーボセイバーの上に抑えのプラ部品を付け忘れ。Aさんに恵んでもらって事なきを得る。

やはり3時間だと短いね。1車種に集中する感じになるな。

とりあえず今後はちょくちょく行きますよ。